「先生」ではなく「さん」付けでお呼びください。

非常に悔しい思いから感じた、
資金繰り・会計の知識の重要性

こんにちは。渡邊総合会計事務所代表の渡邊 正樹(わたなべ まさき)です。

私は税理士になる前、一般企業で営業の仕事をしていました。フランチャイズ店舗の売り上げを上げるためのスーパーバイザーとして、FC経営者へ、売上を上げる為のアドバイスを行う業務携わり、入社2年目で売り上げ目標10億円を任されるなど、順調に営業としての実績を積んでいました。

一方で、経営がうまくいかずに倒産してしまうお客様を目の当たりにする事もありました。
「目の前でこんなに苦しい思いをしているお客様がいるのに、自分は何もわからず、何のアドバイスもできない・・」と、非常に悔しい思いをし、資金繰り、会計の知識の重要性を強く感じました。

営業の仕事をしながら会計の勉強を始め、28歳の頃、日商簿記2級を取得。会計・税務の奥深さ、面白さ、重要性に触れ、より専門的な知識と実務能力を得て、「お客様へ貢献したい!」「自分の価値を提供したい!」たいと思うようになり、税理士になる決意をしたのでした。

もっと敷居を下げ、
寄り添ったサービスを提供したい。

その後約10年間の会計事務所での勤務経験を経て、弊所を立ち上げました。立ち上げるにあたってまず最初に考えた事は、「お客様に対するサービス意識をもっと高めていきたい」という事です。

税理士という職業はサービスという面では他業種に劣る面があると感じていました。税理士は、起こった物事を適正に処理するだけが仕事ではありません。お悩みを聞きながら、一緒に考え、解決していけるアドバイスをする事が使命だと考えています。

「先生」と呼ばずに、
「さん」付け運動を行っています。

今まで聞きたいけど聞けなかった事を、気軽に聞いてもらえるようにしたい。「何かが起こってから相談するのではなく、何かが起こる前に気軽に相談してほしい」これが私たちの想いです。

税理士は「先生」と呼ばれる事が多いのですが、私たち渡邊総合会計事務所では、「先生」と呼ばずに、「さん」付け運動を行っています。「とにかく親しみやすい、話がしやすい」そんな事務所を目指しています。お気軽にご相談ください。

INFORMATION

  1. 事務所移転のお知らせ
  2. 令和元年7月11日 法律のスペシャリスト達による大合同セミナー【サムライマルシェ】 に参加します!
  3. TBS系列「林先生が驚く 初耳学!」出演
  4. パート・アルバイトスタッフ募集のお知らせ
  5. 平成30年度 所得税の確定申告 無料相談受付中!
  6. 第4回目セミナー 11/27(火)「税理士の上手な使い方」
お知らせ一覧

当事務所の実績/お客様の声

渡邊総合会計事務所は、「日本一敷居の低い」税理士事務所として、お客様にお気軽にご相談いただける雰囲気作りを心がけています。
実際に私たちがお客様とどのように接しているのか、どのようなサービスを提供しているのか、具体的な様子を随時更新していきます。
下記をご覧いただければ当事務所の雰囲気が何となく感じられると思います。どうぞご覧ください。

PAGE TOP